第28回 開催日

2024年47日(日)10:0015:30
(雨天決行)

なにわフェス事務局長の飯田日記②

解説しよう!「いいだ人形劇フェスタ」はどんな感じか!(^^;)

コロナの3年間
2020「中止」2021「県外の人来ちゃダメ」2022「もう一回中止」と悲しい流れだったこのフェス。
やっとこさの「通常開催」な今年。
(とは言え公演数は以前の3分の2の戻り具合な印象)

やっとこさではあるが「怪我の功名」か?
「新作上演」が多いように思う。
たぶんコロナ禍で上演が出来なかった間、劇団さんは「新作創作」にあてられたのであろう。
その、満を持しての「発表」の機になってるのかもしれない。

総合パンフ。
(裏面もあるよ)

8/3~6の4日間で大体300ステージ上演される。

「有料公演」と「ワッペン公演=700円のワッペンを買えば見放題」の公演があり、

今回、我々の有料公演チケットが

こんな感じ。

二人で約20演目。

その合間に「ワッペン公演」を渡り歩く。

朝ご飯を食べて、さぁ初日出発だ!!

オープニング公演は人形劇団「京芸」さんの『あっちこっちサバンナ』@飯田文化会館。

閑静な田舎街だが、突然、沢山の子ども達が現われる。
キャパ800の劇場がほぼ満員だ。

(フェスタのゆるキャラ『ぽぉちゃん』

京芸さんとはご縁があるし、終演後1枚お願いした。

会場は、こういった場所だけじゃない。

ここはもともとは大型スーパーマーケットだったところが、
市の施設になって、こういう催しが出来るスペースがある。
飯田は40年も「人形フェスタ」をやっているので、もう最初っから、
人形劇が上演しやすい「大き過ぎず狭過ぎない」スペースが意識されている感じだ。

と、また別に野外特設テントもある。

「暑い」!が、やはりテントは「フェス感」は満載だ。

「暑い!」と書いたが、今年の飯田は奇跡的に涼しい。
超ラッキー!!

演目の間に、以前からお世話になっている
「飯田人形劇センター」のKさんにもご挨拶。

Kさんは、一方で飯田の若者たちの「居場所造り」のご担当でもある。
空いた民家が「居場所」として活用されているが、
やはりそこにも「人形」が満載。

そして飯田だけじゃなく、長野は「馬」が美味い。

馬の「モツ」が「おたぐり」と呼ばれ、肴として素晴らしい。

ので、もろもろ見終わったあとは、「おたぐり」と共に、、、そうなる。

上演を終えた「劇人」(=人形劇界では「界」の人間をそう呼ぶ)さんたちも、
わらわら居酒屋にやってくる。

「あぁ~~!!さっきの公演観てました~~!!
なにわフェスの高口と申します~~!!
え??もう何回もご挨拶してます??すいまっせ~~ん、

てか、何呑みます??」

となる。

今日は初日。
5本鑑賞。
今んとこ快調!!